我々はこれらの言葉を全て読んでいたし、『OK、誰が疲れているのか見せてやろうぜ』と言っていた。

彼らはもっと謙虚になるべきだよ。相手をもっとリスペクトするようにね。

我々は疲れていないところを見せたよ。フィジカル的にも、メンタル的にも、そして他の部分でも圧倒したが、延長戦に入る前に試合を終わらせてしまうべきではあったね。

素晴らしい功績だよ。夢が叶った。決勝に進むまでこれほどの時間がかかってしまったよ。クロアチアのスポーツの歴史上、最も大きな成功だ。我々は誇りに思わなければならない」

「たとえ最高ではなかったとしても、自分のキャリアの中ではベストな成果の一つだ。

うまく行けば、勝利することができるだろう。そうなれば、最高どころの話じゃないね」