『De Telegraaf』は12日、「マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリントは、アヤックスへの復帰が近づいている」と報じた。

ダレイ(英語発音ならデイリー)・ブリントは1990年生まれの28歳。最終ラインの様々なポジションやボランチをこなせるDFとして知られる。

2014年にアヤックスから1380万ポンドでマンチェスター・ユナイテッドに加入し、これまで90試合に出場してきた。

しかし昨季は怪我での離脱もあってわずか7試合しかプレーすることができなかった。

契約は2019年夏まで残っていたものの、今季はマンチェスター・ユナイテッドを離れる可能性が高いと考えられていた。

アヤックスはアルゼンチンU-23代表のリサンドロ・マガジャン(ボカ・ジュニオルス)の獲得に動いていたが、その交渉が不調に終わっている。

それによってクラブはターゲットをブリントに変更しており、チャンピオンズリーグ予選までに契約を済ませたいと考えているとのこと。

一方、マンチェスター・ユナイテッドはこれからインターナショナル・チャンピオンズカップのためにアメリカを訪れる予定だ。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など