ワールドカップで初めて決勝に進出したクロアチア代表。24歳のFWアンテ・レビッチは今大会でブレイクしたひとりだろう。

長谷部誠とフランクフルトでのチームメイトである彼についての話題を『klix』などが伝えている。

レビッチはイモツキという街の近郊にある村で生まれた。バスドライバーの父と司法修習生だった母のもとに生を受けた彼は、19歳の時にイタリアのフィオレンティーナに移籍している。

だが、故郷のことを忘れたことは一度もなかったという。

RNKスプリトのU-20チームで同僚だったという友人のロヴロさんがある話を明かしたそう。

それによれば、レビッチは500人ほどがいる故郷の村の人達のローンを全て支払ったとか。債務などを全て肩代わりしたということなのだろうか…。

事実ならば、長谷部もびっくりの整い方といえそうだ。