『La Repubblica』など各メディアは、「セリエBに所属していたバーリが破産した」と報じた。

イタリアでは昨日長友佑都の古巣であるチェゼーナが7300万ユーロ(およそ96億円)の債務を返済できなくなり、破産が宣告された。

それに加えて今回アントニオ・カッサーノがデビューしたことで知られるバーリが、登録期限までに財務条件を満たすことができなかった。

この結果バーリのクラブは破産宣告を受けることになり、アマチュアに当たるセリエDから再出発することになる。

また、昨季セリエBで15位となったアヴェッリーノは現在登録規則を満たすために保証人を探している状況にあるとのことで、今後何らかの判断が下される見込みだ。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など