先日、イタリア・セリエB(2部)に所属していたバーリとチェゼーナが、今季の登録を行うことができなかった。

この2クラブは破産宣告を受け、今後新たな投資家を見つけられればセリエD(アマチュア)から再スタートすることになる。

また、セリエBではアヴェッリーノが経営危機に陥っており、新たな投資家を見つけ出すための猶予を与えられている状況だ。

イタリアでの破産と言えば、フィオレンティーナが有名だ。2002年に経営破綻した彼らは一度アマチュアに降格し、そこから這い上がってきた。

『La Repubblica』によれば、フィオレンティーナの破産以降、イタリアでは153のクラブが同じように破綻してきたとのこと。

年間では平均8~9つのクラブが消滅、あるいはプロクラブとしての役割を果たせなくなっている。

今季はモデナ、ヴィチェンツァ(セリエB)アクラガス、メストレ、レッジアーナ、アンドリア(セリエC)が経営破綻した。

その中でヴィチェンツァはバッサーノ・ヴィルトゥスと合併することで存続。モデナはセリエDから再スタートが決まった。

他にも現在クネオ、マテラ、プロ・ピアチェンツァ(セリエC)が倒産の危機に陥っている。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など