『TPI』など各メディアは、「スポーツ仲裁裁判所がミランの主張を受け入れた」と報じた。

ファイナンシャル・フェアプレー制度の違反によって、今夏ヨーロッパリーグの出場停止が言い渡されたミラン。

しかしその後、中国人オーナーのリー・ヨンホン氏が債務不履行のためにクラブの経営権を失うなど、クラブ内に大きな変化があった。

ミランはUEFAの裁定を不服として先日スポーツ仲裁裁判所に訴えを起こし、昨日聴聞会が行われていた。

その結果、スポーツ仲裁裁判所はミランの控訴を受け入れ、ヨーロッパリーグへの参加を認めるという裁定を下したとのことだ。

『Sky』の報告によれば、やはりリー・ヨンホン氏がクラブを離れたことによる経営面の改善が大きい影響を与えたようだ。

なお、これによってミランはヨーロッパリーグに参加することになり、アタランタが予選からのスタートとなる。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など