リヴァプールは新シーズンからサディオ・マネが背番号10を背負うと発表した。

ここでは、彼より前にリヴァプールの10番を背負った選手たちを振り返ってみる。

フィリペ・コウチーニョ(2012~2018)

フィリペ・コウチーニョ

ブラジル代表MF/現バルセロナ

レッズファンに愛された小さな魔法使い。

小柄ながらフットサル仕込みの圧倒的な足技でDFを翻弄するテクニシャン。豊富な運動量やゴールに直結するチャンスメイク力を兼備する。

また、プレミアリーグ移籍後には相手を仕留める必殺のミドルシュートなど得点力まで身に着けた。

ウィングやインサイドハーフでもプレー可能なバーサタリティも併せ持ち、近代の攻撃的MFに必要不可欠なものをほぼ全て兼ね備えている。

若くしてインテルに引き抜かれた後には伸び悩みもあったが、リヴァプールで本当の才能を開花させた。