レアル・マドリーからユヴェントスに電撃移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

まだ補強や人員整理は終わっていないはずだが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がどうチームに組み込むのか注目される。

ここでは、『Squawka』による「ロナウドを加えたユーヴェ攻撃陣のありえる布陣」を見てみよう。

その1:アッレグリ好みのチョイス

アッレグリの好むチョイス

指揮官が4-2-3-1システムを好んでいることを考えれば、ロナウドはインサイドフォワードで起用されるかもしれない。レアル時代にゴールを量産した3トップ“BBC”での役割に似たものだ。

ゴンサロ・イグアインはカリム・ベンゼマと同様の役割をこなせる。自分が下がることでロナウドとドウグラス・コスタを裏に飛び出させたり、相手DFを引き連れることで2人へのスペースを作り出す役割を。

そして、パウロ・ディバラは同胞であるイグアインと密接に連携するだろう。彼はレアルにおけるイスコのような役割を演じ、ボールを貰ってDFラインにギャップを作り出したり、ウィンガーたちのランを引き出す。

ロナウドはディバラたちとプレーし輝くことができるだろう。だが、ロナウドが主役になることを望めば、(アシスト役に回る)ディバラの得点力はにぶるかもしれない。

よって、アッレグリの問題は、イグアイン、ディバラ、ロナウドを組み合わせるシステムを見つけ出すことだ。