間もなくレアル・マドリーとのシーズン開幕戦を迎えるヘタフェ。昨季のバルセロナ戦で記憶に残るゴールを決めた柴崎岳は、このクラブでの2シーズン目を迎える。

その2018-19シーズンに向けたユニフォームは6月27日にホーム、アウェイ、サード、GKの各キットが既に発表済み。昨季と同じように各キット共通デザインの色違いとなっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Getafe 2018-19 Joma Home

ヘタフェ 2018-19 Joma ホーム ユニフォーム

ホームキットは伝統のブルーを基調。首周りのスタイルは昨季のクルーネックから、小さめの立ち襟と浅めのVネックへ変更。その周りをスペイン国旗色のレッド/イエローで彩っている。

ヘタフェ 2018-19 Joma ホーム ユニフォーム

背面はブルー一色で、首元にはスペイン国旗をプリント。

ヘタフェ 2018-19 Joma ホーム ユニフォーム

首元へのスペイン国旗のプリントは数年前からだが、今季は首周りも国旗カラーで彩る。これは各キット共通の仕様。