イタリア・セリエAのパルマは、「元コートジボワール代表FWジェルヴィーニョが加入した」と発表した。契約は2021年6月31日まで。

ジェルヴィーニョは1987年生まれの31歳。松井大輔とともにル・マンでプレーし「NEXTドログバ」とも称されたストライカーだ。

スピードを武器に活躍し、2009年にはリールにステップアップ。リーグアン優勝を経験した後、アーセナルとローマでプレーした。

2016年からは中国の河北華夏幸福に所属していたが、5月19日を最後に出場しておらず、リザーブチームに送られていた。契約は今年12月31日まで残っていたものの、それを解除する形でフリーエージェントでの移籍になったという。

中国では年間270万ユーロ(およそ3.4億円)の給与を得ていたと言われているが、パルマでの報酬は年100万ユーロ(およそ1.3億円)で、2部降格の場合はフリーで退団できるという条件がついているとのことだ。