ワールドカップで大暴れして、フランス代表の優勝に貢献したキリアン・エンバッペ。

19歳の神童がPSGのピッチに戻ってきた。リーグアン第2節PSG戦の後半から出場すると、いきなり2ゴールを叩き出す活躍を見せたのだ。

まずは、1-1で迎えた82分。アンヘル・ディ・マリアからのパスを受けると、見事なファーストタッチからゴールを奪取!

さらに、90分には持ち前の快足でDFを置き去りにするとチップキックでネットを揺らした。

この他にもトリッキーなテクニックや股抜きも披露したエンバペは、1-3の逆転勝ちに大貢献。今季も彼のシーズンになるかもしれない…。

キリアン・エンバッペ

「前半のギャンガンは素晴らしかった(PSG相手に1-0とリード)。

ハーフタイムにトゥヘル監督は不満を露わにしていた。彼はどれほど改善が必要かを説いたんだ。

僕らは後半開始から彼の指示にどうにか適応できた」

「ワールドカップは終わったこと。今僕らは自分たちのクラブに帰るところさ」