今週末に開幕する2018-19シーズンのブンデスリーガ。それを前に『welt』などが気になる話を伝えていた。

話題の主は、レヴァークーゼンに所属するドイツ代表FWユリアン・ブラント。メガクラブから関心を寄せられる22歳の有望株だ。

そんな彼はブレーメンの実家から5分の場所により大きな邸宅を購入。それは家族のためで、「これで両親も兄弟も家賃を一生支払う必要はないだろうね」と述べたそう。

ブラントの代理人は父親が務めているそうで、家族の結びつきはかなり強いようだ。

ユリアン・ブラント

「僕ら家族の関係はとても濃いものなんだ、とても特別なね。母、父、3人の兄弟。

だから、僕は父からアドバイスをしてもらいたいんだ」

若くしてサッカー選手として成功し、大金を得るようになったが、それを家族のために使ったというブラント。なんて家族思いの若者なんだと話題になっているようだ。

レヴァークーゼンは開幕戦でボルシアMGと対戦する。