『Mirror』は23日、「元イングランド代表FWカールトン・コールが破産した」と報じた。

カールトン・コールは1983年生まれの34歳。チェルシーの下部組織で育成され、若くしてクラウディオ・ラニエリ監督に見出されたことで知られるストライカーだ。

2006年に移籍したウェストハム・ユナイテッドでは長くプレーし、250試合以上に出場するなど、クラブのレジェンド的存在に。2009年からはイングランド代表にも選ばれていた。

その後はセルティックとペルシブ・バンドン(インドネシア)でプレーしていたが、昨年退団してからはフリーの状態となっている。

記事によれば、彼は今回ロンドンの高等裁判所で判決を受け、破産宣告を受けたとのことだ。

16年のサッカー選手としてのキャリアで数百万ポンドの収入を得ており、一時は週3万ポンド(およそ430万円)を稼いでいたとのこと。

カールトン・コール

「若い選手に助言する責任があると思う。残念ながら、私はキャリアの後半に至るまで、何が起こっているかを理解していなかった」

なお、コールはこれから指導者として活動する予定で、ロンドンで『CCTwelve Football Academy』という育成機関を立ち上げるとのこと。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら