トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスが飲酒運転で逮捕されたニュースがあったばかりだが、また車関係で逮捕されたサッカー選手がいたようだ。

『Midi Libre』によれば、モンペリエFWアンディ・ドゥロールがカーチェイスの末に、警官を罵倒して逮捕されてしまったそう。

逮捕された際、彼は自分の四駆に乗っていたが、運転していたのは免許を持っていない別の人物だった。

彼らは警察から逃れようとしていたというが、危険な速度で走行していたようだ。当初、ドライバーは停車するのを拒否しており、彼は飲酒もしていたという。

同乗していたドゥロールは停車した際に警官を罵倒。「(罰金なんて?)気にしねぇ。俺は月に15万ユーロ(1946万円)を稼いでんだよ」という発言もあったそう。

ドゥロールは恫喝で起訴される可能性がある一方、運転していた友人は無免許運転、飲酒運転、危険運転などで刑事訴追される恐れもあるとのこと。

元U-20フランス代表であるドゥロールは1991年生まれの26歳。圧倒的な加速を生かした飛び出しなどセンスに優れたアタッカーだ。また、ビーチサッカーのフランス代表としてワールドカップ予選に出場した珍しい経歴の持ち主でもある。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】