かつてトッテナムやリヴァプールでプレーした元イングランド代表FWピーター・クラウチが自伝本を出版したそう。

彼がコラムニストを務める『Dailymail』で、一部内容が明かされている。

マンチェスター・ユナイテッド時代のクリスティアーノ・ロナウドについてはこんな話も。

ピーター・クラウチ自伝本

「リオ・ファーディナンドがロナウドについての話を教えてくれた。

どうやって裸で鏡の前に立ち、髪をかきあげ、『Wow、俺は美しすぎる!』って言うかをね。

他のユナイテッドの選手たちはこう言って彼を挑発したそう。『レオ・メッシはお前よりいい選手だ』。

すると、彼は肩をすくめて、笑顔でこう返したとか。

『あぁそうさ。だが、メッシは俺のような外見じゃない』」

イケメン度合でいえば、自分のほうがメッシより上と口にしていたそう。