先月開幕したプレミアリーグでここまで4連勝と躍進を見せてるのがワトフォードだ。

今年1月からチームを指揮しているのは、48歳のスペイン人ハビ・ガルシア監督。その手腕が讃えられ、プレミアリーグの「月間最優秀監督賞」を受賞している。

そんななか、英紙『Guardian』では、ワトフォード躍進の秘密を特集していた。

それによれば、ハビ・ガルシア監督は規律正しい性格だそうで、毎朝全員と握手をするそう。

また、栄養学にも厳しいほか、ヨガのセッションも取り入れてるとか。

そして、練習や週3度も行われるミーティングに1分でも遅刻すると、100ポンド(1.4万円)の罰金が科されるとのこと。

クレイグ・キャスカート(ワトフォードDF)

「彼はタフだよ。今季は全く新しい罰金リストを渡された。

遅れた場合にはひどいことになる。遅刻するリスクに瀕すると罰金になる。

1分遅刻で50ポンド(7,321円)で、もしそれを払わなかったら倍になる。

僕らのドレッシングルーム(選手たち)は経験豊富なので、もし規則を破った人間がいたら彼らはその代償を払う」

「ヨガに行かなかった場合にも罰金を食らうね。これには不満の選手もいるけど、これらは僕らの助けになっているよ」

規律面が鍵になっているようで、ベテランが多いこともあり、それがしっかり順守されている模様。

開幕4連勝中のワトフォードは今週末にホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。どういった試合が展開されるのか楽しみだ。