2018-19シーズンの戦いが始まったUEFAチャンピオンズリーグ。グループBではインテルがトッテナムを2-1で撃破した。

後半にスパーズが先制するも、終了5分前にマウロ・イカルディのゴールでインテルが追いつく。そして、後半アディショナルタイム、マティアス・ベシノが逆転弾を決めるという展開だった。

そのなかで特に凄かったイカルディの一撃を見るべし!(動画3分25秒~)。

ゴール前の密集地帯を避け、フリーになっていたところにクワドウォ・アサモアからのクロスが…。

これをボレーで叩き、ボックス外からスーパーな一発を叩き込んでみせたのだ。今季無得点だったイカルディだが、この場面でこのシュートを決めてしまうとは。

ルチアーノ・スパレッティ監督も「チームにとってもマウロにとっても非常に重要なゴールだった。これで初得点となったので、彼はリラックスできるだろう」とエースが決めた待望のゴールに安堵していた。