インテルとテクニカルスポンサーのNikeは7日、2018-19シーズン用のサードキットを発表した。

前身頃のプリントはNikeと契約する他のビッグクラブのサードキットと同様に、ホームタウンの航空写真(地図)を使用したグラフィックだが、インテルの場合はそこに一手間加えたデザインに仕上がっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Inter 2018-19 Nike Third

インテル 2018-19 Nike サード ユニフォーム

ライトグレーを基調とした新しいサードキットは、ミラノの街を象徴するドゥオーモ(大聖堂)の“大理石の床”にインスピレーションを得ている。ミラノ市中心街の航空写真(地図)を、大理石のマーブル模様で表現したグラフィックが目を引くデザインだ。

そして前身頃には、インテルではお馴染みの聖ゲオルギウス十字を大きくあしらっている。この十字はミラノ市の紋章にも描かれている。

インテル 2018-19 Nike サード ユニフォーム

背面はライトグレー一色で模様は入らない。首元にはイエローのメッシュテープを配している。

インテル 2018-19 Nike サード ユニフォーム

胸部の拡大画像。よく見るとマーブル模様と十字の中に、地図のプリントを確認できる。