UEFAチャンピオンズリーグの舞台でリヴァプールと対戦したPSGのキリアン・エムバペ。

だが、彼はリヴァプールに移籍する可能性があったという。『L’Equipe』が伝えた話として英国メディアが報じている。

それによれば、昨夏にユルゲン・クロップ監督はエムバペに対して、数時間に渡って説得を試みていたそう。そして、エムバペは指揮官の雄弁さと熱意に心を打たれたとも。

リヴァプールも当時最高給を得ていたフィリペ・コウチーニョと同額の給与まで用意していたという。

だが、結局移籍は成立せず。その理由はお金だったという。リヴァプールはPSGが支払ったような莫大な移籍金を提示できなかったとのこと。