Jリーグ公式サイトは27日、2019年度のクラブライセンス交付について発表した。

来季の各クラブの判定結果については以下の通りとなった。

J1ライセンス交付

  • 北海道コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台
  • モンテディオ山形
  • 鹿島アントラーズ
  • 水戸ホーリーホック(※スタジアムの短期改修工事が行われない場合はJ2ライセンスに変更される)
  • 栃木SC
  • ザスパクサツ群馬
  • 浦和レッズ
  • 大宮アルディージャ
  • ジェフ千葉
  • 柏レイソル
  • FC東京
  • 東京ヴェルディ1969
  • 川崎フロンターレ
  • 横浜F・マリノス
  • 横浜FC
  • 湘南ベルマーレ
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 松本山雅FC
  • アルビレックス新潟
  • カターレ富山
  • ツエーゲン金沢
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • 名古屋グランパス
  • FC岐阜
  • 京都サンガFC
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸
  • ファジアーノ岡山
  • サンフレッチェ広島
  • レノファ山口
  • 徳島ヴォルティス
  • 愛媛FC
  • アビスパ福岡
  • ギラヴァンツ北九州
  • サガン鳥栖
  • V・ファーレン長崎
  • ロアッソ熊本
  • 大分トリニータ

J2ライセンス交付

  • ブラウブリッツ秋田
  • 町田ゼルビア
  • 長野パルセイロ
  • ガイナーレ鳥取
  • カマタマーレ讃岐
  • 鹿児島ユナイテッドFC
  • FC琉球

現在、J1昇格圏内につけている町田ゼルビアは今回もJ1ライセンスを取得できず。また、J3でも2位のアスルクラロ沼津が昇格権利がない状況となっている。