昨季は10年ぶりに昇格したリーグアンで残留を成し遂げ、1部での2季目を迎えるストラスブール。

サプライヤーがHummelからadidasに変更となった今季のユニフォームは、7月にホームとアウェイの両キットを発表済み。そして26日にはサードキットが新たにリリースとなった。

クラブは8月30日、メスを退団しフリーとなっていた川島永嗣の獲得を発表。だがチームの守護神にはベルギー代表GKマッツ・セルスが君臨し、川島は入団後ここまで一度もベンチ入りの機会がない。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

RC Strasbourg 2018-19 adidas Home

RCストラスブール 2018-19 adidas ユニフォーム

ホームキットの色は伝統的にブルーを使う。シャツはadidasのテンプレートデザインだが、模様は「Condivo 18」ながらスリーストライプスの入れ方は「Tiro 17」と、2種類のテンプレートをミックスしたような面白い仕上がりに。胸にはスポンサー「es(エネルギー関連企業)」のロゴを掲出。

RCストラスブール 2018-19 adidas ユニフォーム

腰部分のスポンサー「Croisi Europe」はストラスブールにある旅行会社。

RCストラスブール 2018-19 adidas ユニフォーム

パンツの色はホワイトで、右側にはスポンサーロゴをプリント。ソックスはブルーを基調に、背面にはチーム名の略称“RCSA”のグラフィックが入る。

RCストラスブール 2018-19 adidas ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じに。画像は第6節アミアン戦での一場面。