『Mirror』は11日、「ヴァンサン・コンパニは、ベルギーでの大規模な八百長事件に驚いていないと話した」と報じた。

先日ベルギーで発覚したサッカーにおける詐欺事件は、すでに5名が起訴、29名が身柄を拘束され、さらに国内で44件の強制捜査が行われるという大規模なものとなった。

メヘレンの会長、また森岡亮太の古巣であるワースラント・ベフェレンの関係者も告発されており、今後もさらなる波紋を広げていく可能性が示唆されている。

ベルギー代表としてプレーしているDFコンパニは事件について以下のように話し、このようなことが起こっても驚きではないと指摘したという。

ヴァンサン・コンパニ

「八百長事件には全く驚いていないよ。

これらの関係は、人身売買、薬物取引、そして売春や買春の世界に近い。そこには多くのお金が蠢いている。

隠された取引が可能な場合、そこにも多くの良い人がいる一方で、多くの悪い人もいるものだ」