『Corriere dello Sport』は14日、「クロアチア代表MFルカ・モドリッチは、まだレアル・マドリーで満足していない」と報じた。

今夏のマーケットで大きな話題の一つになったモドリッチの去就。イタリア・セリエAのインテルが獲得に乗り出していると度々報じられていた。

そのメディアの報道に対してはレアル・マドリー側が怒りを見せ、FIFAに訴えるという手段にも出ている。そして最終的にモドリッチは残留した。

しかし今回の記事によれば、モドリッチ自身はまだレアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスとの関係が修復されておらず、インテルへの移籍を考えているとのこと。

ただ、レアル・マドリーがモドリッチを放出するには、彼に代わるスター選手を獲得しなければならないという。

その選択肢としてはパリ・サンジェルマンのネイマールかキリアン・エンバペであるとのこと。それにはかなりの資金が必要になるだろうが…。

なお、インテルはそのためモドリッチに一本化してはおらず、彼の後継者とも呼ばれる22歳のクロアチア代表MFイヴァン・シュニッチの獲得を検討しているとのことだ。