『Kelebek』など各メディアは15日、「イスタンブール・バシャクシェヒルに所属しているトルコ代表FWアルダ・トゥランに対し、検察は12年と6ヶ月の懲役を求刑した」と報じた。

現在バルセロナからイスタンブール・バシャクシェヒルに長期ローンされているアルダ・トゥラン。先日彼は大きな事件に関与したと伝えられている。

ナイトクラブで女性にアプローチをかけ、その夫である有名歌手ベルカイの鼻を骨折させたと訴えられている。さらにその後病院に拳銃を持ち込んだことも確認された。

そのため、検察側はセクシャルハラスメント、無許可の武器所持、暴行などの罪によって12年と6ヶ月の懲役刑を課すことを求めたとのことだ。また、相手であるベルカイについても検察からは懲役2年が求刑されている。

この事件の模様は監視カメラで捉えられており、映像では両者がかなりエキサイトしているところが確認できる。

また、病院ではアルダが持ち込んだという拳銃も映像に映っている。

この事件を受けてイスタンブール・バシャクシェヒルはアルダの解雇を検討していると『Milliyet』が伝えており、15日に会合が行われているという。