本日19:30から埼玉スタジアム2002で行われる国際親善試合、日本代表対ウルグアイ代表。

森保一監督が就任してから3試合目、初めての強豪との戦いということでサッカーファンから大きな注目を集めている。

前日の会見でウルグアイを率いる大ベテラン指揮官オスカル・タバレスは以下のように話し、日本代表の強みをこう見ていると明かした。

オスカル・タバレス

「日本代表のFWの選手は、スピードとテクニックに優れていて、またシュート力にも長けていると思います」

また森保一監督はウルグアイについてこう語っており、試合で求めるべきことについて説明している。

森保一

「今日のミーティングで伝えたのは、試合の入りのところで後手を踏むことがないようにと…」