ここまで不調のシュトゥットガルト。今季はクラブ創立125周年という節目だが、第8節終了時点で降格圏の17位に沈んでいる。

そんな125周年記念シーズンのアウェイキットとサードキットは、それぞれ街にインスパイアされたデザイン。そしてサードキットは街へのオマージュでもある。

なお、2002-03シーズンから続いたPumaとの契約は今季で最後。来季はJakoのキットを着ることが既に決まっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

VfB Stuttgart 2018-19 Puma Away

シュトゥットガルト 2018-19 Puma ユニフォーム

アウェイキットは定番のレッドを基調に、胸には水平ストライプ。ホームキットと同様にエンブレムは胸中央に配している。

シュトゥットガルト 2018-19 Puma ユニフォーム

パンツとソックスもレッドを基調とし、全身同色でまとめている。画像では確認できないが、ソックスの前面にはクラブ創立年の“1903”が入る。

シュトゥットガルト 2018-19 Puma ユニフォーム

左胸にはポットをエンボスでプリント。一見不思議な組み合わせだが、このポットはホームスタジアム「メルセデス・ベンツ・アレーナ」の所在地、バート・カンシュタット地区の紋章に描かれているもの。街のシンボルでもあるらしく「カンシュタットのポット」として親しまれている。