24日に欧州各地で行われたUEFAチャンピオンズリーグ。リヴァプールはホームにツルヴェナ・ズヴェズダを迎えての戦いに挑んだ。

インターナショナルマッチウィークで怪我人が続出してしまったリヴァプール。

しかしムハンマド・サラー、フィルヒル・ファン・ダイク、さらにサディオ・マネも戦列復帰することができ、被害は最小限で抑えられた。

そして迎えたこのツルヴェナ・ズヴェズダ戦では前半のうちに2ゴールを決め、後半にもPKで得点を追加する。

76分にはサディオ・マネがPKを外すも、その後自らリベンジの追加点を決めて4-0。危なげなく大量得点で勝利し、グループC首位に躍り出た。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名