『L'Equipe』は2日、「PSGのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが飲酒運転で逮捕された」と報じた。

記事によれば、事件が起こったのは火曜日の夜から水曜日の早朝にかけてというタイミングだという。

パリ13区にある環状道路において車を運転していたヴェッラッティ。検査で0.49mg/lの血中アルコール濃度が検出されたとのこと。

これは認可基準である0.20mg/lを2倍以上超過するもので、彼は即座に検挙されたようだ。

今後彼は裁判所に召喚され、おそらく長期の免許停止処分を課される可能性が高いという。

また、PSGとの契約にも倫理的な条項が含まれていると考えられており、クラブ側からも何らかの罰則が言い渡されるようだ。