インターナショナルマッチウィークを終え、代表選手たちは現在それぞれのクラブへと戻ってトレーニングをスタート。

様々な国で試合を行ってきたパリ・サンジェルマンのメンバーも15日のサンテティエンヌ戦に向けた準備を進めている。

そのトレーニングの中では、こんな場面があったという。

散水をしているスプリンクラーの近くに立つキリアン・エンバペに、マルコ・ヴェッラッティが近づいていき…。

ヴェッラッティがヘッドを踏むと、水が二人を襲う!自爆攻撃に…。

何にせよ、このハードスケジュールのなかでコンディションは厳しい状況にあるだろうが、雰囲気は良さそうである。

パリ・サンジェルマンは、このあとリーグアンのサンテティエンヌ戦を終えると、チャンピオンズリーグのグループステージ開幕戦に臨む予定だ。