今季PSGに移籍したジャンルイージ・ブッフォンが、欧州の舞台に戻ってくる。

いまだCL優勝経験のない彼は昨季のレアル・マドリー戦で退場になり、出場停止処分を受けていた。その処分が明けたため、出場が可能になったのだ。

今年4月に起きた退場ではマイケル・オリヴァー主審への辛辣な発言が話題になった。試合後に「あの主審は獣だった。彼はゴミ箱の(ように汚れた?)心を持っている」などと言い放ったのだ。

『Marca』などによれば、ブッフォン本人がこの件を振り返ったという。

ジャンルイージ・ブッフォン

「汚いゴミ箱について?

何を言えばいいのか分からなかった。怒り狂っていたんだ。

カラーラ(出身地)のブッフォンが飛び出してきたのさ」

我を忘れるほどに怒っており、素の自分が出てしまったということだろうか。

PSGは来週のCLでナポリとのリターンマッチを戦う。