11月3日と10日、AFCチャンピオンズリーグの決勝を戦う鹿島アントラーズ。

決勝の舞台で対戦するのは、イランのペルセポリスだ。

イランといえばFIFAランキングは現在30位。オーストラリア(42位)、日本(50位)を上回り、AFC加盟国でトップである。

サッカー、フットサルともにアジア最高峰の実力を持つ国として知られる一方、なかなかその“内情”が伝わってこない国でもある。

そのイランで、1部リーグ初の日本人としてプレーしている選手がいることをご存じだろうか。

杉田祐希也

杉田祐希也は1993年生まれの25歳。柏レイソルのアカデミーから仙台大学を経て、2013年にスペインへと渡り、ホベ・エスパニョールとエルクレスに所属。

特にスペイン2部のエルクレスでは印象的なプレーを見せ、あのスペイン代表DFジェラール・ピケから絶賛されたこともある攻撃的MFだ。

その後タイを経て、昨年スウェーデン2部のダルクルドへ移籍すると、22試合3ゴールを記録しチームの1部昇格に貢献。

そんな彼がこの夏新天地として選んだのが、イランだった。

所属するトラクトル・サジはイラン1部リーグで現在暫定3位につける強豪で、今シーズンのACLにも出場。そのチームで杉田はここまで11試合中10試合に出場している。

移籍の経緯やイランサッカーの印象、鹿島と対戦するペルセポリスについても聞いてみた。