今季のエールディビジで好調のヘラクレス・アルメロ。かつては平山相太氏(元FC東京、ベガルタ仙台)もプレーしたオランダ東部のクラブだ。

ここまでは首位PSV、2位アヤックス、3位フェイエノールトの“ビッグ3”に次ぐ4位につけているヘラクレス。11日の第12節では、フェイエノールトとの上位対決が控えている。

そんなヘラクレスのユニフォームは、イタリアを本拠とするAcerbis(アチェルビス)がキットサプライヤーを担当して3季目。同社はどちらかというと、オフロードのバイクや自転車のイメージが強いブランドだ。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Heracles Almelo 2018-19 Acerbis Home

ヘラクレス・アルメロ 2018-19 Acerbis ユニフォーム

ヘラクレスのホームキットは、伝統的にブラック/ホワイトのストライプ柄。今季はそのストライプの幅に変化を加えて、太さが異なるデザインとなっている。

ヘラクレス・アルメロ 2018-19 Acerbis ユニフォーム

背中にも胸と同じスポンサー「asito」のロゴを掲出。選手用キットはその下に、背番号、選手名の順でプリントする。

ヘラクレス・アルメロ 2018-19 Acerbis ユニフォーム

パンツはブラック、ソックスはブラック/ホワイトのボーダー柄。

ヘラクレス・アルメロ 2018-19 Acerbis ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じに。クリストファー・ペテルソンはここまで8ゴールで、得点ランク3位につける活躍を見せている。