キリンチャレンジカップ2018のため来日するベネズエラ代表。

ベネズエラは以前「野球の国」として知られていたが近年はサッカーも盛んで、強豪揃いの南米で日々揉まれている。

特に育成年代の底上げは顕著。2017年のU-20ワールドカップではベスト16で日本を破るなど躍進し、決勝でイングランドに敗れたものの見事準優勝に輝いた。

U-20ワールドカップ2017 ベネズエラ対イングランド

今回来日するチームにもその時のメンバーが入ることは十分予想される。

そんなベネズエラ代表は、11月16日(金)、大分の大分スポーツ公園総合競技場で日本代表と対戦するのだが、12日(月)に行う練習が公開されることが明らかとなった。

場所はJリーグ・ギラヴァンツ北九州のホーム、ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)。

練習は18:30から2時間ほどで行われる予定。入場は無料とのことである。

九州屈指の球技専用スタジアムで、世界のサッカーと接することができる貴重な機会となりそうだ。

なお、ミクスタでは来週末、11月18日(日)の13:00からJユースカップ決勝が開催予定。

またギラヴァンツ北九州のホームゲームも、11月11日(日)にブラウブリッツ秋田戦、12月2日(日)に福島ユナイテッド戦が行われる。

11日の試合は、人気アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とのコラボも話題。

近場の人はこの機会にミクスタへ!