PSGでプレーするイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ。

代表での会見に臨んだ彼の言葉を『gianlucadimarzio.com』が伝えている。

それによれば、18歳で初招集されたMFサンドロ・トナーリについて、こう述べたという。

マルコ・ヴェッラッティ

「まだ話はしてないんだけれど、代表に招集されるからにはクオリティはある。

彼は僕に自分自身のことをちょっと思い起こさせるんだ。僕も初の代表招集はセリエBにいた頃だったからね。

代表チーム(入り)は誰にでも起こることじゃない。彼はきっと嬉しいだろうね。

彼は興奮をもたらしてくれるだろうし、僕らにはそれが必要さ」

NEXTピルロと評価されるトナーリはセリエBのブレッシャ所属。ヴェッラッティはペスカーラ時代に招集された自らと境遇的に重なり合う部分があると見ているようだ。