2018年も終わりに近づいており、そろそろ欧州サッカー界は冬の移籍マーケットに向けての準備を進めていることだろう。

今回は「2018年に最も価値を上げたサイドバック」を特集してみよう。データは『Transfermarkt』のもので、増加した額が多い選手のTOP10を集計してみた。

8位:アレックス・グリマルド(ベンフィカ)

  • 今年1月の価値:900万ユーロ(11.6億円)
  • 現在の価値:2500万ユーロ(32.1億円)
  • 増加した額:1600万ユーロ(20.6億円)
アレックス・グリマルド(ベンフィカ)

バルセロナのユースで育成された左サイドバックは、Bチームからベンフィカに引き抜かれて大ブレイク。昨季は怪我に苦しめられたが、今季はレギュラーとして欠かせない選手に。その左足から繰り出されるクロスとフリーキックは必見だ。

8位:アレックス・テレス(ポルト)

  • 今年1月の価値:900万ユーロ(11.6億円)
  • 現在の価値:2500万ユーロ(32.1億円)
  • 増加した額:1600万ユーロ(20.6億円)
アレックス・テレス(ポルト)

インテルであまり高い評価を得られなかったブラジル人DFであるが、ガラタサライへの復帰、そしてポルトへの移籍で再びブレイクを果たした。ラテン好みの攻撃的なプレーで、ここにきて価値を急上昇させた。