今夏のワールドカップで日本代表とも戦ったセネガルの10番を背負うのは、リヴァプールFWサディオ・マネだ。

彼はこのほど行われたアフリカ・ネーションズカップ予選の赤道ギニア戦に出場。チームは0-1で勝利したのだが、試合直後にピッチで突っ伏したり、泣くなど取り乱した様子だったという。

セネガルはすでに本大会出場を決めているが、それを喜んでいるようにも見えない。現地メディアでも、理由については意見が分かれている。試合中に観客から受けた非難に動揺していたという説や、決定機を逸したことに罪悪感を覚えていたという説も。

最近指を怪我して出術を受けたマネ。彼はW杯での日本戦以降、代表でのゴールがない。そういったことも関係しているのだろうか。