今年から始まった新たな国際大会、UEFAネーションズリーグ。代表国の争いながら、昇格・降格があるなど新鮮さを感じさせるものとなっている。

来年行われるファイナルズに進出したのは、オランダ、スイス、ポルトガル、イングランドの4か国に決まった。

ここでは、『squawka』による「4強の代表選手で組むベストイレブン」を見てみよう。

GK:ルイ・パトリシオ(ポルトガル/ウォルヴァーハンプトン)

ルイ・パトリシオ

ヨーロッパの大物GKたちはネーションズリーグであまり輝けていないが、彼は守護新として素晴らしいパフォーマンスを披露し続けている。

大会を通じてわずか2失点。ポルトガル代表を基盤として支える堅守は、ルイ・パトリシオなくして機能しない。

RB:デンゼル・ドゥムフリース(オランダ/PSV)

デンゼル・ドゥムフリース

オランダ代表は今大会4試合で2勝1分1敗だった。この22歳のDFが出場した試合はどちらも勝利している。

PSVに所属するヤングスターは右サイドで好プレーを披露。ソリッドな守備だけでなく、攻撃面でも脅威となっていた。