各国代表は今年最後となるインターナショナルマッチウィークに臨んでいる。日本代表では、山中亮輔と鈴木優磨が初招集されたことが話題になった(鈴木は怪我のために辞退)。

ここでは、主要国で今回代表に初めて呼ばれた選手たちをまとめてみる。

イタリア代表:サンドロ・トナーリ(ブレッシャ)

サンドロ・トナーリ

NEXTピルロと注目される18歳の逸材。偉大な先輩同様にレジスタにコンバートされた経歴を持つが、本人はガットゥーゾを参考しているとのこと。

イタリア代表:ステーファノ・センシ(サッスオーロ)

ステーファノ・センシ

小柄ながら「NEXTヴェッラッティ」とも評されるプレーメイカー。

イタリア代表:ヴィンチェンツォ・グリーフォ(ホッフェンハイム)

ヴィンチェンツォ・グリーフォ

カールスルーエ育ちのイタリア系ドイツ人。U-20の経験はあったが、25歳でフル代表に初招集されたアタッカー。