かつてドイツ代表の守護神に君臨したオリヴァー・カーン氏。『Bild』などによれば、彼はあるGKグローブブランドを訴えたという。

日本では闘将の愛称でお馴染みだが、現地では「Taitan(≒巨人)」というニックネームもあったそう。

そんなカーンが訴えたのは、『T1tan』という名前のGKグローブブランド。

2016年に標章登録されたブランドで、元ドイツ代表GKレネ・アドラーも同社のグローブを使用している。

アドラーが使用するGKグローブ『T1tan』
View this post on Instagram
Riecht nach Comeback... 😜 @1fsvmainz05 @t1tan #T1TAN #mainz05 #bundesliga
René Adlerさん(@reneadler)がシェアした投稿 -

カーンは『Goalplay』というGKグローブのブランドを立ち上げており、『T1tan』に対して自らの名前を侵害されたと損害賠償を請求したとか。

カーンの代理人は「タイタンとはオリヴァー・カーンのことだ。その名前が(自身の)ニックネームだと主張することができる」と主張。

一方、『T1tan』の弁護士は「カーン氏は2008年に引退したにもかかわらず、フットボール界においてタイタンと唯一関連するのは自分だと主張している。我々はそう思わない」と反論。ただ、両者は和解を目指しているとも。