オーストラリア・Aリーグ公式サイトは、「メルボルン・ヴィクトリーのGKローレンス・トーマスは、本田圭佑は信じられない男だと話した」と報じた。

今季オーストラリアに活躍の場を移した本田圭佑。開幕からの6試合で4ゴール3アシストと結果を残しており、攻守に渡って中心的な役割を果たしている。

ゴールキーパーを務めているトーマスは彼について以下のように話し、本田圭佑が持っているサッカーへの情熱を絶賛したとのことだ。

ローレンス・トーマス

「第3節か4節のあたりだったと思うけど、彼(本田圭佑)は練習の後に僕のところに来たんだ。確か試合の2日後だ。

彼は言ったんだ。『ローレンス、練習の後に君と話したいんだ。君の後方からのプレーについて』と。

だから我々は30分ほど一緒にいた。僕が探るべき選択肢、そしてどうプレーするべきかということを、彼は話してくれたよ。

彼はサッカーに本物の情熱を持っている男だ。信じられないほどしっかりしているよ。

このクラブの誰もが、彼の脳から何かを得ることができると思うよ。トップレベルに達するためにはどうすればいいのかを学べる」

Aリーグで2位に浮上したメルボルン・ヴィクトリーは、今週末の土曜日にアウェイでのアデレード・ユナイテッド戦を控えている。