絶好調のこの男が止まらない!

メルボルン・ヴィクトリーの本田圭佑が、1日に行われたAリーグ第6節ウェスタンシドニー・ワンダラーズ戦で3試合連続ゴールを記録した。

11分、左サイドからのクロスを上手く頭で合わせ先制のゴール!これが3試合連続ゴールで今季の4点目となった。

この一戦の前にはウェスタンシドニーの指揮官を務める元ドイツ代表の名DFマルクス・バッベル監督から本田を消すように指令が出されたが、現在の彼には全く効かなかったようだ。

本田は90分フル出場しチームは4-0で大勝。これで4連勝となり、暫定で2位に浮上している。