『Mirror』は6日、「マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアは、もう優勝は不可能だと語った」と報じた。

今季15試合で6勝しか出来ておらず、特にホームのオールド・トラッフォードで成績が伸びないユナイテッド。チーム内には内紛の噂もあり、なんとも厳しい状況が続いている。

先日のアーセナル戦でも2-2と引き分け、プレミアリーグでは8位にまで落ちてしまっている。

ゴールマウスを守っているデ・ヘアは以下のように話し、まず全員が団結しないことには始まらないと主張したとのこと。

ダビド・デ・ヘア

「我々にとってはとても酷いシーズンだよ。酷い順位にいる。我々はマンチェスター・ユナイテッドだ。タイトルには挑まなければならないんだよ。

だいぶ遅れてしまったよ。優勝するのは不可能だろうね。我々の目標は、チャンピオンズリーグ出場権を獲ることだ」

(ジョゼ・モウリーニョ監督への風当たりが強いが)

「彼は監督だ。我々は団結しなければならない。選手、スタッフ、そして監督も。同じ方向を目指して、ともに歩んでいくんだ。

監督には多くの批判が行くかもしれない。しかし、ピッチで戦っているのは選手たちなんだ。ゴールを決めるのも選手だ。

我々は改善のためにできることを考えなければならないよ」