13日にグループステージの全日程を終えたUEFAヨーロッパリーグ。

チェルシーやアーセナルといった優勝候補が前評判通りの実力を見せ、日本人が所属するザルツブルクとフランクフルトはグループステージ6戦全勝という快挙を達成した。

ヨーロッパリーグといえば欧州主要リーグ以外のクラブにも注目する絶好の機会であり、この大会での活躍からビッグクラブへのステップアップを実現する選手も数多い。

今回は、グループステージ突破を決めたクラブから飛躍に期待を込めて5人の若手選手をピックアップしたので紹介したい。

ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

ミヤト・ガチノヴィッチ

前年度準優勝のマルセイユとラツィオが同居した「死のグループ」を首位通過したフランクフルト。

そんなチームを牽引するのが、最終節のラツィオ戦で豪快なミドルシュートを決めたセルビア代表のガチノヴィッチだ。

既にブンデスリーガでも結果を残している23歳のアタッカーは、ターンオーバーもあり今季はELに比重を置いて起用されているが、全6試合で2ゴール4アシスト(アシストランキング2位)を記録。

チームの得点源として、ドイツ勢で初となる全勝突破の立役者となっている。