今季のACLは、鹿島アントラーズが決勝でペルセポリスを退け、通算20個目のタイトルを初の“アジア制覇”という最高の形で締め括った。

アントラーズのアジア制覇は、Jリーグ勢としてはのべ5チーム目のアジア王者となる。

1999年 ジュビロ磐田(当時はアジアクラブ選手権)
2007年 浦和レッズ
2008年 ガンバ大阪
2017年 浦和レッズ
2018年 鹿島アントラーズ

※Jリーグ創設以前には、読売クラブと古河電工のアジアクラブ選手権優勝もある。

そこで今回は、Jリーグ勢のACL優勝に貢献した「5人のレジェンド」を各チームからピックアップしたので紹介したい。

中山雅史

中山雅史

名波浩、藤田俊哉、奥大介らを擁する強力な中盤のアシストもあり、1998年にJリーグ最多得点記録となる36ゴールを叩き出した日本サッカー史上に残るストライカーは、その好調ぶりをアジアの舞台でも発揮した。

1997年に初のJリーグ王者となったジュビロ磐田は、1998-99シーズンのアジアクラブ選手権に出場。今回、鹿島がトロフィーを手にしたテヘランのアザディ・スタジアムで行われた決勝戦で地元イランのエステグラルと対戦すると、約10万人の完全アウェイだったが中山のゴールもあり2-1で勝利、Jクラブ初のアジア王者となったのだ。

現在もJ3のアスルクラロ沼津に在籍。トレーニングでは自らの経験を若手FWに伝授するなど、良きお手本にもなっている。