J発足時に加盟した10クラブは“オリジナル10”と呼ばれるが、その中で最も長い歴史を持つのがサンフレッチェ広島であることをご存知であろうか。

戦前、軍都でもあった広島は、第一次世界大戦後に収容されたドイツ人捕虜との交流をきっかけにサッカーが広まり、1938年、東洋工業(現マツダ)がサンフレッチェの前身となるサッカー部を創設した。

その影響で同県はかつて「サッカー王国」と呼ばれ、数々の日本代表選手や優秀な指導者を輩出している。

ここでは、Jリーグ元年となった1993年にサンフレッチェ広島へ所属し、現在、指導者として活躍している元Jリーガーたちをご紹介しよう。

森保一

森保一

1993年の成績:35試合2得点

過去、サンフレッチェ広島に所属した選手のなかで“指導者”として出世頭となっているのは何といってもこの人だろう。

高校卒業後にマツダへ入社し、そのままJリーグ開幕を迎えた彼は、自己犠牲をいとわない守備的MFとして広島の創成期を支えた。日本代表としても35試合に出場したが、この1993年には「ドーハの悲劇」も味わっている。

「他人想い」の性格は指導者に転じてからより花開き、広島を3度のJ1王者へと導くと、現在は日本サッカー界の頂点たる日本代表と五輪代表を兼任する重責を担っている。