『FourFourTwo』は「FIFA19において総合評価以上に活躍する可能性が高い選手たちTOP10」という記事を掲載した。

9月28日に世界中で発売されたFIFA19。さらにリアルになった映像、追加された新しいシステムで好評を博しており、多くのプレーヤーが今日もコントローラーを握っていることだろう。

今回は「ゲーム内での評価よりも活躍が見込める選手」を特集だ。

クインシー・プロメス(セビージャLM)

クインシー・プロメス

評価:83

セビージャの左ウイングはFIFAの伝説的な存在だ。91のスプリントスピード、89の加速を持っており、単純にサイドで走りの勝負ならほぼディフェンダーに負けないアタッカーと言えよう。

また、その他多くのウイングに比べて86のフィニッシュ、87のアジリティ、86のドリブルまで持っており、抜いた後の選択肢も豊富だ。83のスタミナも大きい。ただ、現実ではまだ今季リーガでゴールを決めていないが。

リカルド・ペレイラ(レスターRB)

リカルド・ペレイラ

評価:81

リカルド・ペレイラはなんとアントニオ・バレンシアやキーラン・トリッピアより1つ数値が低いだけだ。しかしそれに加えて87のスプリントスピード、83のドリブルがある。

タックルが80、インターセプトが79だが、攻撃の点でそれを補える。またクロスも81、アジリティが82、パスが80、スタミナが84と欠点がない選手だ。FIFA19では。