今週、UEFAチャンピオンズリーグはグループステージ第5節が行われる。

既に突破一番乗りを決めたバルセロナを筆頭に、ユヴェントス、バイエルン、レアル・マドリーといったビッグクラブも順当に勝点を重ね、今節にもグループステージ突破が決まる状況だ。

そんな今回は、グループステージで上位進出の立役者となった5人のスター選手をあらためて紹介したい。

エディン・ジェコ(ローマ)

エディン・ジェコ

長谷部誠も所属したヴォルフスブルクでのCLデビューから10年。

32歳になったボスニア・ヘルツェゴビナの英雄は今季のセリエAでこそ2ゴールと不発気味だが、CLでは4試合5得点2アシストを記録し、メッシと並びゴールランキングでトップに立っている。

第2節のプルゼニ戦でハットトリックを達成すると、続く第3節のCSKAモスクワ戦では2ゴールと固め打ちでゴールを量産している傾向にある。

ローマは今節、スタディオ・オリンピコにレアル・マドリーを迎える。引分以上で突破が決まる状況だが、ジェコのゴールで決勝トーナメント行きの切符を手にすることができるだろうか。