ロシアでの輝きから7ヵ月。柴崎岳がスペインで苦しんでいる。

リーグ戦18試合を終え、出場はわずかに3試合。4節以来の出場となった16節のレアル・ソシエダ戦では、左サイドハーフとしてスタメンに名を連ね、攻守に精力的なプレーで存在感を発揮。その後アジアカップ参加のため離脱となったが、定位置確保に向けアピールに成功している。

とはいえ、背番号10を与えられ、チーム1の技巧を誇る司令塔は構想外に近い扱いを受けている。

今回の当コラムでは、ヘタフェの基本システムおよびチーム戦術を掘り下げ、“柴崎の居場所”について論じていきたい。

オーソドックスな4-4-2がベース

ヘタフェ 4-4-2

3年目を迎えたホセ・ボルダラス監督は中盤フラットのオーソドックスな4-4-2をメインシステムに据えている。

守護神はビッグセーバーのダビド・ソリアで、4バックは右からダミアン・スアレス、ジェネ・ダコナム、レアンドロ・カブレラ、ヴィトリーノ・アントゥネスの4人。

中盤センターはマウロ・アランバーリとネマニャ・マクシモヴィッチのコンビ。サイドハーフは右がディミトリ・フルキエで、アマト・ヌディアイが負傷離脱中の左はハイメ・マタ、フランシスコ・ポルティージョが代役を務める。

最前線はアンヘル・ロドリゲスとホルヘ・モリーナのベテラン2トップだ。