冬の移籍市場がクローズした欧州主要リーグ。

メガクラブが狙っていたとされるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリはナポリ残留が決まった。

メルテンスとクリバリ

そのクリバリが『Canal Football Club』の企画で一問一答に答えていたぞ。

なかなか興味深い答えも。

カリドゥ・クリバリ(ナポリDF)

「(ともにプレーするなかで最強の選手は?)

ドリース・メルテンス」

「(最も厄介なアタッカーは?)

カリム・ベンゼマ」

最も頼りになると感じているのは、ナポリの同僚であるベルギー代表FWメルテンス。そして、対戦相手として難しい相手は、CLでも対峙したレアル・マドリーFWベンゼマだとか。

その他では、キャリアで最も美しい瞬間は「セネガル代表のW杯予選突破」、最悪の瞬間は「メスでのユース時代にあったトライアル落選」。

そして、フランスとセネガルにルーツを持つ最強選手としては、レンヌFWエンバイ・ニアングを挙げていた。クリバリも両国にルーツを持つが、自分はそこまでじゃないと謙遜していたとか。