マンチェスター・シティからドルトムントに移籍すると瞬く間にブレイクしたジェイドン・サンチョ。

ジェイドン・サンチョ

18歳にしてイングランド代表デビューまで果たしてしまった。そのサンチョが『fourfourtwo』のインタビューに応えた。

ジェイドン・サンチョ

「皆は僕が2018年に爆発したって言うけど、正直そういう感じさ。

人生で最高の年だった。1年前に誰かに僕がそう言うことになるよって教えられていたら、クレイジーなやつだなって思っていたはずさ(自分でも予想外だった)」

「なぜドルトムントだったのかって?自明の理だよ、若手にチャンスをくれる。

ドルトムントに感謝しなきゃいけないよ。

若手へ大きな信頼を寄せ、全てのホームゲームに8万人が来るチームなんてどこにもないからね。

クレイジーなほど多くのクラブが僕を欲しがっていた。でも、自分にはドルトムントがいいとずっと感じていたんだ」